トレーナーを目指す大学生、ブログ始める。

トレーナーを目指して奮闘中。自分のやりたいこと、ワクワクすることをやっていきます。

第5Q 信頼

研究のポスターも無事終わり、残すは発表だけとなりました。

ごろさんです。

 

今日は信頼について。

皆さんは信頼とはどういうものだと思いますか?

(人に対する信頼について)

 

 

この人なら信頼できるー。

いやー、この人は信頼できない。

 

それぞれどういった基準を満たしたとき、「信頼」を判断するのでしょうか。

 

 

僕はトレーナーを目指しているため、スポーツ系の研究室を選びました。

選んだときはこの先生なら!と思って選びましたが、

徐々に、連絡は来なくなるし、指導も適当、いいように雑用などに使われました。

この時、僕はこの先生は信頼できないなと感じたのを覚えています。

 

この時なぜ僕は信頼できないと至ったのか。

 

僕の地元で活躍しているトレーナーがいます。

独立しており、僕のメンターでもある方です。

その方は、学生の僕と話すときでも対等に話してくれます。

勿論技術も一流。

僕はこの方を信頼し、一生ついて行こうと思いました。

 

この時なぜ僕は信頼できると至ったのか。

 

僕なりに考えてみました。

答えは、

「この人なら自分の時間を投資できるか」

ではないかと感じました。

 

自分の時間は有限です。

これは選手やクライアントさんも同じ。

無駄にはしたくないんです。

その中で、

自分の時間を投資できると判断する→投資した時間以上の価値を得れる

と考えるわけですね。

僕の場合、研究の時は時間を投資しても知識や技術が得れないと感じ、

尊敬するトレーナーに対しては僕を成長させてくれる存在と感じたわけです。

 

 

この人になら投資できると思ってもらえるようにならなければ。

嫌なことばかりだと感じていた研究も、考えるいい機会でした。

今の僕には必要なことだったのでしょう。

では、また。