読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレーナーを目指す大学生、ブログ始める。

トレーナーを目指して奮闘中。自分のやりたいこと、ワクワクすることをやっていきます。

第5Q 信頼

研究のポスターも無事終わり、残すは発表だけとなりました。

ごろさんです。

 

今日は信頼について。

皆さんは信頼とはどういうものだと思いますか?

(人に対する信頼について)

 

 

この人なら信頼できるー。

いやー、この人は信頼できない。

 

それぞれどういった基準を満たしたとき、「信頼」を判断するのでしょうか。

 

 

僕はトレーナーを目指しているため、スポーツ系の研究室を選びました。

選んだときはこの先生なら!と思って選びましたが、

徐々に、連絡は来なくなるし、指導も適当、いいように雑用などに使われました。

この時、僕はこの先生は信頼できないなと感じたのを覚えています。

 

この時なぜ僕は信頼できないと至ったのか。

 

僕の地元で活躍しているトレーナーがいます。

独立しており、僕のメンターでもある方です。

その方は、学生の僕と話すときでも対等に話してくれます。

勿論技術も一流。

僕はこの方を信頼し、一生ついて行こうと思いました。

 

この時なぜ僕は信頼できると至ったのか。

 

僕なりに考えてみました。

答えは、

「この人なら自分の時間を投資できるか」

ではないかと感じました。

 

自分の時間は有限です。

これは選手やクライアントさんも同じ。

無駄にはしたくないんです。

その中で、

自分の時間を投資できると判断する→投資した時間以上の価値を得れる

と考えるわけですね。

僕の場合、研究の時は時間を投資しても知識や技術が得れないと感じ、

尊敬するトレーナーに対しては僕を成長させてくれる存在と感じたわけです。

 

 

この人になら投資できると思ってもらえるようにならなければ。

嫌なことばかりだと感じていた研究も、考えるいい機会でした。

今の僕には必要なことだったのでしょう。

では、また。

 

第4Q 最初の1歩。

昨日の記事に関連して書きたいと思います。

ごろさんです。

 

自分のやりたいことがわからない、という方。

自分も大学2年の時そうでした。

トレーナーになりたいとは考えていましたが、それ以降がありませんでした。

 

何をすればいいのか。

とりあえず就職すればいいのか。

じゃあどこに就職すればいいのか。

 

自分もこんな時がありました。

そこで何をしたか。

今でも明確に覚えています。

 

NTCSFという学生団体のセミナーに参加しました。

そこからすべてが変わりました。

同じように学生ながら既にトレーナーとして現場に出ている者。

学生団体を立ち上げている者。

とてもたくさんの刺激をうけました。

今では自分も運営として関わらせてもらっています。

 

そこからは、たくさんの現場に見学に行ったり、

トレーナーの方にお会いして話を聞いたり、

独立している方のお話もお聞きしました。

 

行動を起こしている中で、新しい目標に出会うかもしれないし、

トレーナーより好きなことに出会うかもしれない。

僕はよりトレーナーとしてやりたいという気持ちが強くなりました。

 

最初の1歩さえ踏み出してしまえば意外と簡単です。

やればいいだけです。

最初の1歩で迷っている方、とりあえず1歩踏み出してみてください。

 

では、また。

 

では、また。

 

第3Q 自分

研究発表の作業をしていたら朝になっていました。

ごろさんです。

 

今回はふと思ったことを。

「自分」についてです。

 

僕の周りには「自分」に関心がない人が多すぎます。

周りと同じように就職して。。。

大学院に行って研究。。。

 

本当にそれでいいのか?

自分に嘘はついていないか?

 

いつも感じています。

僕は自分で言うのもなんですが、周りとは少しずれています。

というか、自分のやりたいことはやるし、

やりたくないことはやらないと決めているので、はっきりしています。

このあたりの話もいずれしたいですね。

 

そのおかげかあまり後悔したことはありません。

「自分」のために生きる。

とても大切。

これからも逃げずに向き合います。

考え抜きます。

 

では、また。

第2Q プレゼン

来週に研究室の発表が迫っています。

資料作りに追われて寝不足です、ごろさんです。

 

さて、今日はプレゼンについて書こうかなと思います。

プレゼンと聞くと、会議室でパワポを使って、というイメージが強いですね。

僕は今まで本格的にプレゼンというものを行ったときがなかったです。

ど素人でした。

 

こんな僕が研究室で発表をするとどうなるか。

目に見えていますね。

「何を伝えたいのかわからない」

「スライドが見にくい」

「どこが大切なのかわからない」

 

僕はひねくれ者なので、わからないそっちが悪いだろ、と本気で思っていました。

でも、違うんですよね。

 

何を伝えたいのかわからない。

 →選手、クライアントさんに100%伝わらない。

  わかりやすく伝えるための武器を一つ失っているようなもの。

 

スライドが見にくい

 →選手、クライアントさんにもパワポ使いますよね。

  パソコンを使うことで分かりやすく説明できます。

  図やレイアウトの仕方など、広告を作る際にも活きてきます。

 

どこが大切なのかわからない

 →このトレーニングではどこが大切なのか、重要なところを絞れない。

 

これだけプレゼンは大切です。

トレーナーにとっても大切です。

 

 

TEDは本当におすすめ。

この動画は単に僕の好きなものですが(笑)

お時間ある方はぜひ。

youtu.be

 

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則

 

 

このサイトはとても分かりやすいです。

こちらもおすすめです。

伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン

 

時間がない方は動画かサイトがおすすめです。

 

では、また。

 

第1Q 初めまして。

初めまして、ごろさんです。

 

今までブログなどはめんどくさいと思う方でした。

こんな私がブログをはじめようと思ったきっかけは、

外に情報を発信しようと思ったから。

少しでも変えていきたいと考えたからです。

 

 

初回なので自己紹介。

大学3年。

スポーツトレーナー(バスケ)目指しています。

小学校から今までバスケを続け、怪我する中でトレーナーを目指す。

現在学生トレーナーとして帯同中。

将来はフリーランスで活動し、自分がワクワクすることをしていきたいです。

 

なんとか続けていきたいですね。

では、また。