トレーナーを目指す大学生、ブログ始める。

トレーナーを目指して奮闘中。自分のやりたいこと、ワクワクすることをやっていきます。

第12Q 飛耳長目

こんにちは。

決意表明の場として使わせてもらいます。

ごろさんです。

 

卒業してそのままフリーランスとして独立することを決意しました。

おそらくほとんどの皆さんは、

まだ早い

食べていけるの?

大体このあたりのことを考えてくるでしょう。

こういった方はもう無視することにしたのでよろしくお願いします。

 

なぜ、新卒フリーランスしようと思ったのか。

整理したいと思います。

 

まず、本当の気持ちをもう一度考えました。

自分は小学生の時からスポーツに関わりたいと考えていました。

小学校の時はスポーツドクター。

中学校の時はスポーツトレーナー。

高校の時は理学療法士

 

職種は変われど根本にあるものは、

 

「好きなスポーツ(バスケ)に関わりたい」

「人のために働きたい」

 

この二つ。

何度も何度も、何十日も考え抜きました。

でも、自分に嘘はつけなかった。

 

自分のやりたいことは理学療法でも、

病院でのリハビリでも、

お年寄りを相手にするリハビリでもなかった。

 

小さいころからやってみないと分からない性格。

もうやるしかないと思いました。

やって駄目ならやり直せばいい。

単純にそれだけです。

 

自分の好きなことを、自分の好きなように仕事に繋げる。

自分の好きな時に学び、

ワクワクすることを行っていく。

 

考えただけでワクワクします。

自分の興味を持ったことに一生懸命になれることを思い出しました。

 

もちろん、それに向けた努力も行っていきます。

法律に関する勉強も行っていきますし、

やることはやっていきます。

 

最近、フリーランスで活躍している方とたくさんお話して、

トレーナーとして活躍している方ともたくさんお話して、

理学療法士の方ともたくさんお話して、

これからのスポーツのこと、

これからのトレーナーのこと、

これからの日本のこと、

これからの医療業界のこと、

たくさん考えました。

 

飛耳長目

物事の観察に鋭敏で、見聞が広く精通していること。観察力や情報の収集力があり、物事に通じていることの形容。

 

吉田松陰の言葉です。

学生の今からたくさん行動を起こし、ひたすらやってきたからこそこの答えにたどり着いたんだと感じています。

たくさんの人に助けられ、これからも自分一人ではやっていけないでしょう。

それでも自分のやりたいことです。

覚悟を決めてやっていきます。

 

 

あとは、

「ビジョン&ハードワーク」

山中伸弥教授の言葉です。

ビジョンとそれに伴う努力、スピード、行動力。

やってやりますよ。

では、また。

第11Q 覚悟

お久しぶりです。

テストがひと段落してまた人に会ってきました。

ごろさんです。

 

完全に自己満のアウトプットになりつつありますね。

本日もアウトプットしていきます。

 

本日は卒業してそのまま独立したトレーナーの方にお会いしてきました。

その方は関西の方なのですが、

たまたまお仕事の関係でこちらに来ていたのでお時間を作っていただきました。

 

その方は独立を決めたのは卒業約半年前。

そこから気合で準備したとか。(笑)

前回お話した方もアルバイトする覚悟でと言っていましたが、

今回の方はアルバイトしながらの活動だったとか。

そしてもやしを食べて生活していたとか。(笑)

 

しかし現在は世界を舞台に活躍しており、春から海外に渡るとか。

その人も言っていました。

 

結局は覚悟があるかどうか。

もやしを食べる…(笑)

 

とても重く感じました。

ビジョンも明確、それに伴う行動力も半端じゃなかったです。

 

そして、印象的だったのが

何よりも大切にしていたことが、

「ロジカル」

の部分だったんですね。

 

凄く意外でした。

てっきり技術や知識だと思っていたので。

しかし、

長期的なビジョンをもって行動できるか

というところを大事にしていて、

理由は投資できないから。

だそうです。

浪費・消費しては自分の時間とお金が無駄になる。

独立したトレーナーはここが本当に弱いと仰っていました。

 

今日もとても良い学びでした。

今月はバンバン投資しています。最高です。

 

では、また。

 

 

 

 

第10Q 人望

尊敬する先生が本日御退官されました。

今までありがとうございました。

お疲れさまでした。

ごろさんです。

 

OBOGの方たちがたくさん来ました。

泣いている人たちもたくさんいました。

大の大人がです。

 

講義室はたくさんの人たち。

たくさんの花束。

写真を撮るために並ぶ長蛇の列。

 

凄い。

この一言。

先生は20代のころはほとんど寝ずに勉強。

ひたすら実践を積んだらしいです。

僕はそれだけやりきることができているだろうか。

もっと追い込めるのではないか。

もっと情熱をつぎ込めるのではないか。

 

まだまだ満足なんかできない。

先生のような深みのある人に。

もっと、もっと。

まだまだやれる。

 

では、また。

第9Q 泥臭く

寒いです。

ごろさんです。

 

先日、大学卒業してフリーランス

活躍されている方にお会いしてきました。

 

卒業後すぐにフリーランスで働くってどうやればいいんだ?

と思ったので、

実際に活躍している人に聞こう!

と思い、会ってきました。(笑)

フットワークの軽さは自慢です。

 

その方のお話の中で、とても印象に残っていることがあります。

その方は

 

「死にそうになったらバイトして生きるよ~」

 

と本気で言っていました。

僕にはとても衝撃的でした。

フリーランスというと、とてもきれいに働いているイメージがありました。

しかし、そんなことは全くなく、 

徹夜もするし、泥臭くどこでも出張もしている。

僕に一番足りていないものだった気がします。

 

何事も泥臭く、一つずつ。

では、また。

 

 

第8Q 大変

今日は尊敬する人の言葉を紹介したいと思います。

ごろさんです。

 

「大変」

 

という言葉がありますね。

あー大変だなー。

最近忙しくて大変だー。

 

こんな感じで使いますよね。

大変な時ってどんな時ですかね?

 

忙しいとき?

やることがたくさんある時?

 

違います。

 

「大きく変われるとき」

 

です。

これからOSCE、実習が始まります。

トレーナー活動もあります。

就職も考えなければいけません。

大変です。

 

でも。

 

負荷を自分でかけていけばいくほど、

成長できます。

大きく変われます。

ここを乗り切ります。

そして、大きく変わります。

 

では、また。

第7Q 疲れた

本日は一日セミナーの運営でした。

今家につき、とても眠いごろさんです。

 

疲れていてもやるべきことはやってから寝ます。

その積み重ねが力になると信じて。

では、また。

第6Q 目標設定

研究発表が終わりひと段落。

自分の勉強を始めようと考えています、ごろさんです。

 

今日は目標設定について。

皆さんも目標設定を一度はしたことがあるのではないでしょうか。

その度に挫折した人も多いのではないでしょうか。

自分もその一人でした。

そんな僕がどうやって克服したのか。

 

  1. まずやってみる
  2. やらないことを決める
  3. 数値化する

 

この3つがとても大切です。

 

1.まずやってみる

とにかく行動に移すこと。これ大事です。

最初の行動はなんでもいいです。

僕の場合は、トレーナーを本気で目指したとき、セミナーに行きました。

そこから、繋がっていきます。

やるかやらないかです。

口に出すことも大切ですね。

ただし、本気でその目標を達成したくて、本気で考えているときに限ります。

 

2.やらないことを決める

目標を立てるときに何をやるかは考える人が多いと思います。

しかし、やらないことを決めている人はどれくらいいるでしょうか。

時間は有限。

自分のテンションが下がることに時間を費やすのはもったいないです。

ぼくは、必要ないと感じたレポートなどはすべて適当に終わらせます。

やるべきことに集中するために、やらないことを決めましょう。

 

3.数値化する

やらないことを決めたら、やるべきことを数値化していきます。

具体化とも似ていますが、数値化です。

僕は25歳までに独立する、と決め、そこから逆算して

何歳には何をどれくらいやればいいのか数値化した。

数字で表すと量が明確になるので日々やることに取り組みやすくなります。

 

以上3つが僕が取り組んでいる目標設定の仕方になります。

では、また。